一覧へ

ガールズアートコレクション2019~想ふ春~

作家紹介ー1

2019.2.12 更新

mixiチェック
  • ◎2月15日(金)~2月18日(月)  催し最終日は午後4時終了
  • ◎8階 催場
39名の作家による、女性を描いた約800点のアートが大集合!
今年はアニメ系やファンタジーなイラストも充実。初登場の作家も22名、いろんなジャンルの作風をぜひご覧ください。
全ての作家が会場にいます。会って話して、ガールズアートの世界を楽しんでください。

今回は、初登場の男性作家4人を紹介します。
それぞれジャンルは違いますが、その個性を楽しんでください。

通期  mujiha
前期 井ノ上マサル、もみじ真魚
後期 翔

● mujiha

こんにちは。mujihaという名でイラストレーターをやっております。
ツールは主にphotoshopです。
写真のような空気感と、絵の具で描いたような生っぽさを融合させつつ、マンガやアニメのデフォルメされた、明快な良さを表現できればと思って描いております。

●もみじ真魚

美味しい食卓×美しい少女をテーマに作家活動をしています。
Twitterフォロワー数30000人超。食事イラストは「飯テロリスト」と異名を持つ。
今回はガールズアートコレクション2019の為に多数描きおろし+新作グッズを用意して参加します。

●井ノ上マサル

「憧れ」や「がんばれ!女の子」をテーマにアクリル絵具や水彩などのアナログでガーリーな絵を制作。個展などで新作を発表しています。筆のストロークの活き活きした感じや儚さや切ない感じを大切に描いています。また普段の創作活動に加え和装,洋装の図案制作から雑誌、広告のイラスト制作など、幅広い分野で活動中です。


●翔

花弁のふわふわ、蝶の翅脈、鱗のきらきら、庭のあじさいの影から覗く視線、目で見たもの、見た気がしたものたちを妖精たちとともに水彩色鉛筆で描いています。


  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。