ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

ずっと使い続けたい一生モノのフライパン「Turk(ターク)」


雑貨日記

  • 更新日: 2015/9/4
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店

最近のご家庭では、焦げ付かず食材をサラサラとフライパンの上で転がすことの出来る“テフロン加工”のフライパンが主流となっているようですが、このテフロン加工というものは一生使える物ではありません。



ずっと大切に使い続ける物をお探しなら、熟練の鍛冶職人が、1枚の鉄板を何度もたたいて作る 1857年創業のドイツの老舗ブランド「turk(ターク)」のフライパンがおすすめです。

鉄の塊から作られているので、お手入れが大変なのでは?と不安に思う方も少なくありません。でも、やることはたったこれだけ!最初にフライパンに油をしみこませてあげる「焼ならし」をしてあげるだけ。
これをすることで、食材がフライパンにこびりつくことがなくきれいに焼けるんです。では、その方法をご紹介します。



まずは表面にに施された植物性の錆止めコーティングを洗剤で洗い流してから乾かし、フライパンをよく温めてから少し多めのオイルを入れます。



その次に、料理で余った野菜のくずと、塩小さじ1杯を入れ、茶色くなるまで炒めます。



よーく炒めたら、その野菜を捨てて“お湯”でサッとフライパンの汚れを流しましょう。そのあとは、キッチンペーパーなどで水分をよくふき取って、フライパンを火にかけ水気をとばす。たったこれだけなんです。(すぐに使わないときは錆を防ぐためにフライパン全体に薄く油を塗ってください。)




するとみてください!ホットケーキも少量の油で焦げ付くことなく、美しく焼けます。

ぜひ作ってみてほしいものが、ステーキやハンバーグ。いつものお肉よりもワンランク下のお肉でも驚くほどに中がしっとり、柔らかく焼けるんです。道具って大切なんだな~と実感できると思います。使い終わったら、お湯とブラシでサラッと流して、乾かすだけ!意外と、お手入れが簡単なんですよ。


「Turk」グリルパン  (直径24cm)21,600円 (直径26cm)24,840円 

両手付きのフライパンは、そのままテーブルの上へ出してもカッコいい!もちろん、鉄製なのでパエリアを作ったりしてオーブンに入れたり、直火もOKなのでアウトドア料理にもピッタリ。大活躍すること間違いなしです。



お料理好きの男性からも人気のあるフライパン「Turk」。
使い込むほどに油も馴染んでいき、とても使いやすくなってきます。まさに、自分と一緒に育てていくフライパンなんです。


「Turk」クラシックフライパン(直径20cm)17,280円 (直径24cm)21,600円 (直径26cm)24,840円

今日からあなたの「ずっと使い続ける道具たち」に仲間入りさせませんか?きっと、買ってよかったと思える道具になりますよ。

◆「Turk」フライパンの実演
◎開催日:9月5(土)、6(日)各日 午後2時~6時

■「Turk」フライパン
◎9月8日(火)まで
◎阪神梅田本店 7階 テーブルエッセンス


※facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2021/07/27更新)