一覧へ

ガールズアートコレクション2019~想ふ春~

作家紹介ー通期2

2019.2.12 更新

mixiチェック
  • ◎2月15日(金)~2月18日(月)  催し最終日は午後4時終了
  • ◎8階 催場
39名の作家による、女性を描いた約800点のアートが大集合!
今年はアニメ系やファンタジーなイラストも充実。初登場の作家も22名、いろんなジャンルの作風をぜひご覧ください。
全ての作家が会場にいます。会って話して、ガールズアートの世界を楽しんでください。

今回の紹介は、通期の出展者残り5名の作家さんです。
人気作家さんばかりですので、作品をゲットするには初日がお勧めです。

時鶴佐田鳩子、中野夕衣、巻田はるか、miii、水玉子、

● miii

水彩で子どもの絵を中心に描いています。
現在は文芸誌や絵本の挿絵、原画の展示を中心に活動中です。

●巻田はるか

浮世絵など日本の昔の絵の要素を取り入れつつ、現代につながる絵を制作しています。
イラストブックを中心に、シール、缶バッチ、ポストカード、ドローイング原画などを販売致します。

● 時鶴 佐田鳩子

2014年より活動。
画材は主に透明水彩。
自身の描く少年少女を「佐田男子」「佐田女子」としてSNS等で発信、人と人形、生きているものとそうでないものの中間のようなリアルなタッチと儚げな表情に定評がある。
現在、東京・大阪の展示以外に百貨店催事への参加、企業コラボ、広告、メイキング講座など様々な方面で活動し、翔泳社より発売中の「ILLUSTRATION2018」にも掲載される。
また、2019年1月19日~2月17日の日程で自身初の海外個展となる「浮漾」を開催。

● 水玉子

大阪在住です。
主に児童書籍・トレーディングカードゲーム・CDジャケット等のイラストを描かせていただいています。
かわいい女の子にかわいい服や制服を着せたイラストを描くのが好きです。暖かい空気感が出るようにしています。


●中野夕衣

神戸在住のイラストレーター/画家。
使用画材はアクリルガッシュ。
次々と繰り広げられる「舞台」をテーマに、見た人がその世界に入り込めるような少女を主役とした
作品を描く。
個展や企画展、アートイベントに参加し、関西・関東を中心に幅広く精力的に活動。
台湾の美術雑誌「dpi」に作品とインタビュー掲載
ART BOX「Cool Japan IV」に作品掲載
「不思議の国のアリスビジュアルファンBOOK」に作品掲載


  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。