一覧へ

しつらいはじめ 雛・端午「中川政七商店」

2020.1.15 更新

mixiチェック
  • 1月28日(火)まで
  • ◎2階 ギフト雑貨マルシェ「中川政七商店」
子どもの無病息災、健やかな成長を願う節句の行事を現代の生活スタイルにも合うように、見た目にもこだわったお雛様や兜のお飾りをつくりました。子どもや大人のみなさまもご一緒に季節の歳時記をお楽しみください。
桃の節句
雛人形のお飾りは見ているだけで晴れやかな気持ちになる華やかなものばかり。長年受け継がれてきた伝統と工芸を感じる雛人形のお飾りはこちら。

■瀬戸焼のまめ雛飾り 1,650円
江戸時代、庶民の間で飾られていた「一文雛」に着想を得た、素朴で愛らしい雛飾りを瀬戸焼でつくりました。グリーンに添えたり、窓辺に置いたり、肩ひじ張らず気軽に季節感を演出できる飾り物です。

■こけし雛箱飾り 33,000円
こけしの産地・宮城県鳴子温泉で、伝統こけしや木地雛の製作を続ける「桜井こけし店」と一緒に、やさしい笑顔の雛飾りを作りました。こけしは子どもたちが健康に成長することを願い、古くから愛されてきたお祝いの人形です。着物にはお子さまの健やかな成長と幸せの願いを重ね、桜と菱文のおめでたい柄をあしらいました。
桜・橘の飾りには、古来、魔除けの力があるとされてきた麻生地を使っています。季節が終わったら、台の桐箱の中に入れてコンパクトに収納していただけます。

■雛だるま 3,850円
福島県白河市にある白河だるまの老舗「渡辺だるま店」とつくった雛だるま。職人が一つひとつ心をこめて絵付けをした、やさしい表情が特徴です。両手に収まる小振りな大きさで、玄関やリビングのちょっとしたスペースにもお飾りいただけます。



端午の節句

鎧兜など男児の成長と立身出世を願う勇ましい端午の節句飾りをモチーフに、勇ましく力強い、でも親しみのあるお飾りを作りました。

端午の節句に飾りたい、勇壮な金太郎飾り
■奈良一刀彫の金太郎飾り 27,500円

奈良の一刀彫作家、土井志清氏が手がけた金太郎飾りです。四肢を大きく広げて立つ金太郎は愛らしくも勇壮で、端午の節句飾りにぴったり。あえてノミ跡を残す一刀彫の素朴な魅力を感じてください。

■左)麻の鯉のぼり 4,950円
和室以外の部屋にも飾りやすい手織り麻で作った小さな鯉のぼり飾りです。麻は真っ直ぐ伸びて成長が早いことから古くから子供の健やかな成長の願いをこめた「麻柄模様」や「麻素材」として親しまれてきました。また鯉のぼりは鯉が滝を昇り龍になったという言い伝えから子供の出世や成長を願う飾りとして親しまれてきました。二つを掛け合わせた鯉のぼりを飾ることで、元気な成長の願いをこめました。

■右)和紙と竹で作った手持ち鯉のぼり 1,650円
室町時代頃から続くという伝統工芸・別府竹細工。その職人が一つひとつつくった竹の風車に、京都の手漉き和紙でつくった鯉のぼりを付けました。息を吹きかけたり、手に持って歩いたりすると、風車がクルクルと回ります。飾っていただくのはもちろん、お子様に遊んでいただくのにもぴったりな鯉のぼりです。


  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。