あのヒトと立飲み立食いの話 9
おおともチーズ工房・大友華苗さん
<阪神の北海道市場>

2019.9.17 更新
mixiチェック

おなじみの北海道物産催事が今年も開催! 今回は、話題の焦しチーズケーキやクリームチーズどら焼きなどのチーズのスイーツをはじめ、牛ステーキチーズの弁当やWチーズ豚丼、じゃが豚チーズなど、チーズを使ったフードがたくさん!

そんな中、北海道・浜中町の牧場併設の工場でつくるチーズやピザが大人気の「おおともチーズ工房」の大友さんに聞いてみました、立飲み立食いの話です。


― いま、大友さんの気になっている食トピックを教えてください。

いつでもどこでも同じ食品が売り場に並んでいる昨今ですが、最近非常に「旬」を楽しむようにしています。四季のある日本だからこその食べ物の四季である「旬」を楽しんで、食生活を豊かにしていきたいと考えてます。

― 最近では発酵ということばをよく耳にします。大友さんの思う、発酵の魅力を教えてください。

発酵食品はどちらかというと好みに左右されやすい食品だと思います。風味や香りが独特なものも多いので、いろいろ試してみて好みのものを見つけられるとよいのではないかと思います。 ただ、最初に「食べてみよう!」と口にしてみた先人には尊敬の念に駆られます。腐敗と紙一重ですものね(笑)。

― それでは、大友家の朝・昼・夜ごはんをちょっと見せてください!


朝食:ほぼ毎日同じです。パンがご飯になる場合があるくらいで、あまり「食事を楽しむ」というメニューではないですね。


昼食:主人とお弁当です。山の中の牧場なのでランチできるお店やコンビニも遠く、ありあわせのお弁当になります。普段食べないおかずでもお弁当になるとおいしく食べれるのが不思議です。


夕食:食べ盛りの小学生男子がいるのでしっかりめの夕食です。買い物に毎日行ける環境にないので、10日に1度くらい大買い物をしてストックを食いつなぐというスタイルです。ピーマンはばあちゃんのビニールハウスから収穫させてもらいました。

― 「阪神の北海道市場」ではどんなものを出品されますか?

牧場ならではの豪快なチーズメニュー カチョカバロステーキをはじめ、手軽にお召し上がりいただけるラッピングピザや、立ち飲みにピッタリなチーズ盛り合わせを限定メニューとしてご紹介いたします。もちろん、人気のドリンクヨーグルトや各種チーズの試食をご用意して取り揃えております。


吹雪の翌日の工場玄関です。


大友華苗●株式会社おおともチーズ工房 マネージャー。前職はFPでした。両親の牧場で一人でチーズ製造をしていた主人に嫁ぎ、今年で15年です。座右の銘は「時間をかければ半人前、心をかければ一人前」。 https://www.otomo-cheese.com


阪神の北海道市場
◎2019年9月25日(水)→30日(月)
◎8階催場<最終日は午後6時まで>
※北海道産の海の幸、道産牛の弁当、ジンギスカン、札幌ラーメン、プリン、チーズケーキ、ソフトクリーム、バターサンド、地ビール、銘酒、フルーツサワーなど、北海道の食が大集結!

Eat & Stand 阪神立ち飲みスタイルの最新情報はこちら

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

2019.9.17 更新
mixiチェック