あのヒトと立飲み立食いの話 7
古書思いの外・佐光佳典さん
<古本と中古レコードフェス>

2019.8.6 更新
mixiチェック

先週に続いて「町家古本はんのき」から、3人の店主のうちのひとり、「古書思いの外」の佐光さんにも聞きました。読書と食の話です。


― 佐光さんの思う、いちばん気持ちのいい読書のスタイルは?

自宅で読書をする場合、ほぼほぼゴロゴロしています。椅子と机で構えて読むことはあまりなく、うつ伏せやらあおむけやらだるくなったら体勢を変えていて、割とじっとしてないかもしれません。プライベート空間を人に見られることはないのでなんともですが。近年、家に1日いることがめっきり少なくなり、まとまった読書時間が減少傾向になっていて、いつか投獄か闘病することなどあれば、難解で時間のかかる読書や大長編に挑戦したいなどと考えることがあります。

― いま気になっている、食のトピックを教えてください。

最近、お客さんと盛り上がった話題で、「街中華」が絶滅危惧種だと。情報誌がスルーするやや汚なルックに、いい意味で期待を裏切る(?)B級な舌の満足感、おいちゃんと呼びたくなる店主の佇まいとかがステレオタイプなあのやつ。高齢な店主が多く、後継者もなく閉めてしまう店が多いそうです。詳しい方と話していると、普段意識してなくても店名や見た目の特徴が割と記憶の端に留まっていることに気付きました。

― 水野家の朝・昼・夜ごはんをちょっと見せてください!


朝食:頑張って一汁一菜。独身、男の一人暮らし、これでがんばった方です。以前飲食店でバイトしていた時に一生分の味の素を摂取したので、汁物はだしをとります。これはかつおだし。鶏肉と野菜でお吸い物風。大豆食品が好きでやたら豆腐を食べます。分けるのが面倒になって豆腐に納豆乗っけてます。トッピングはネギ、ごま油、七味。


昼食:お昼のメイン、チキン南蛮みたいにしようと思ったらアンが多すぎて、汁物みたいになりました。チリソースにはバイト経験がいきています。実家が農家で、送ってもらった玉ねぎの使い道がありました。


夕食:夜はだいたいお酒を呑んでいます。そういう時は味の薄いものをずっとしがんでいるぐらいでもいいときがあって、節分の豆をずっとかじっていることもあるのですが、さすがに飽きてきたし、塩分も欲しい…でも夜もおそい。というときに優しいやつです。学生時代に料理本を立ち読みしていて、これならできると作って以来の付き合い、料理名は知りません。

― 今回の古本フェスではどんなものを出品されますか。

文学、人文、芸術。わりとオーソドックスですが、どこか「思いの外」な品ぞろえになるよう頑張ります。


佐光佳典(古書思いの外)●イベント出店等、移動型書店として活動を始める。2011年よりはんのきメンバー。


古本と中古レコードフェス
◎2019年8月14日(水)→20日(火)
◎8階催場<最終日は午後4時まで>
※京阪神~全国、ネット系まで、29の古書店が出店。中古レコードは19店舗出店。会場にはコーヒースタンドも登場!

あのヒトと立飲み立食いの話 5 スタンダードブックストア・中川和彦さん
あのヒトと立飲み立食いの話 6 空き瓶Books・水野恵吾さん

Eat & Stand 阪神立ち飲みスタイルの最新情報はこちら

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

2019.8.6 更新
mixiチェック