<四国味めぐり>四国4県まるごと食べつくそう。| Eat & Stand 阪神立ち飲みスタイル

2019.6.6 更新
mixiチェック
「阪神の四国味めぐり」初日、盛り上がる催場の様子をお伝えします。 四国4県から駆けつけたお店の方々を中心に、オススメのちょい飲み、スイーツについても教わりました。


佐藤亮太郎さん、詩織さん/御菓子処 湊屋
香川・高松の栗林公園にちなんだ、大粒の栗が入った栗まんじゅうが名物。湊屋3代目の亮太郎さんは、詩織さんとご結婚されてまだ1年ちょっとだって! 「新婚旅行代わりに大阪にやって来ました~(笑)」。手にする巨大な栗まんじゅう「栗林のくり」は国産栗を10コ使って、インパクト十分。手土産スイーツとしてもぜひ。


石丸智仁さん/石丸農園
みかん農園にして、加工から松山空港や道後温泉での商品販売まで手がける石丸農園。その5代目となる智仁さんが手にしているのは「みきゃん」。ミカン×イヌの愛媛県のゆるキャラ、ご存知でしょうか。「愛媛のみかんは種類が豊富。県内で30種類以上も生産されているんです」。

女性にも大人気の、自分で注げる「蛇口からみかんジュース」。今回は、伊予柑×温州みかん×デコポンのブレンドで。季節や収穫量などによって混ぜるみかんは変えているそうですよ。


岸本学さん/津久司蒲鉾
徳島のソウルフードとして知られる「フィッシュカツ」。その発祥がこちら、津久司蒲鉾です。白身魚のすり身に、カレー粉や一味唐辛子をまぶして揚げた1品。「食パンに挟んで好きなお野菜と目玉焼きをあわせてサンドイッチにしたり、刻んでお好み焼きに入れたり。もちろん、ちょい飲みにもオススメです」。

店頭には、キラリとアイデアの光る天ぷらもいろいろ。寿司屋のガリが入ったタコ天、明太子にキクラゲも入った明太子天などなど。


横山徹さん/マテリアクレープ
愛媛の米を飼料に育った鶏、その卵は黄身まで真っ白! そんな愛媛名産の「米っ娘たまご」を使った真っ白生地のクレープは、写真映え間違いなしのスイーツです。

「松山でちょい飲みなら、網元という居酒屋が好きですね。魚が新鮮でおいしい」という横山徹さん。店のかわいいキャラクター「トットちゃん」は、徹さんの名前から名付けられたそうですよ。




立食い立飲みスペースで、マテリアクレープと写真を撮っていた加藤さん母娘。学校帰りにお母さんのお買い物につきあって、そのまま<阪神の四国味めぐり>へ。 「ふたりとも甘いもの好きなので、チラシでこのクレープを見て、狙って来たんです」。スイーツといっしょの素敵なツーショット、撮れたでしょうか。


こちらは明石から来られたO夫妻。地ビールの4種飲み比べセットを前にゴキゲンです。「立ち飲みコーナーがあるときはせっせと通ってます。酔っぱらいすぎないのがいいですよね」。


ちょっとここでCMです。
「四国味めぐりバルチケット」は各日15時から100枚限定で販売される、ちょい飲みに最適なバルチケット。ビール or お酒 +対象のお店の1品で800円。※最終日11日の販売はありません。 撮影したのは、徳島の地ビール「2nd Story Ale Works」のペールエール、「焼肉JIN」の串焼きです。グビリ、パクリ、でサイコー!


青木稔さん/焼肉JIN
さっぱりやわらかな香川のオリーブ牛に、香川の味噌と希少糖を配合した祖母から伝わるというタレで、2017年のオープンから人気の焼肉店です。稔(じん)さんのオススメちょい飲みは、「香川では韓国料理店もやってるのですが、そこでなら生マッコリかな。後口さっぱりです」。香川で韓国料理店「韓屋 仁」も経営されています。


畠中清加さん/高知アイス
昔ながらの土佐のアイスクリンで知られる高知アイス。高知の地鶏・土佐ジローの卵を使ったソフトクリームは、とっても濃厚。店頭では、ゆずドリンクやゆずシャーベットなども販売しています。「大阪の方とは気質が合うんでしょうか。“アイスクリンだ!”って、いちばんよく声をかけてもらうのが大阪ですね」。


竹内浩二さん/本家松浦酒造場
四国4県の地酒を試飲販売する一角も。本家松浦酒造場は、銘酒「鳴門鯛」で知られる、1804年創業の蔵元です。“鳴門から世界へ”を掲げて、アルミ缶に詰めた生原酒は世界10カ国以上でも販売しているそう。 「生原酒はアルコール度数がやや高いのですが、香りが高くて飲みやすい。ちょい飲みでしたら、すだちを使ったリキュールもオススメですよ」。


吉岡政浩さん/安芸しらす食堂
建設業からシラス加工業へ参入した安芸水産。安芸漁港に加工場と食堂を構えて、すっかり安芸のご当地グルメとして知られるようになりました。「小さな魚ですから、釜あげに加工するとしてもやっぱり鮮度がとても大切。水揚げしてすぐの生シラスを旨味を逃さないようにすぐに釜入れしています」と吉岡さん。なお、個人的に好きなちょい飲みは、「ニラトン。ニラ豚炒めとハイボール!」だそう。


撮影・取材/2019年6月5日

阪神の四国味めぐり
◎6月5日(水)→11日(火)
◎8階催場<最終日は午後4時まで>
※平日のちょい飲み、イートイン、四国のあれこれスイーツ、地酒の飲み比べ、ひやひやなさぬきうどん、阿波尾鶏を使った親子丼、わら焼きかつお、フルーツサワー、小豆島のオリーブオイル……四国4県からあれこれの食が大集合。もちろん、土曜・日曜も営業。

あのヒトと立飲み立食いの話 2 2nd Story Ale Works・ブラウン友貴さん
Eat & Stand 阪神立ち飲みスタイルの最新情報はこちら

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

2019.6.6 更新
mixiチェック