あのヒトと立飲み立食いの話 1
玩具ロードワークス・豊永盛人さん
<めんそーれ沖縄 味と技展>

2019.5.1 更新
mixiチェック

琉球張子作家として、伝統的なモチーフから現代的なものまで、チャーミングな張子を生み出している豊永盛人(もりと)さん。そんな盛人さんに聞いた、立飲立食論をどうぞ!


― 盛人さん的、いま旬の食トピックは?

質素なごはんというのが、うちの夫婦の間ではやってます。テレビで土井善晴さん(料理研究家)が一汁一菜のことを話してるのを見たのがキッカケですけど、ここ1ヶ月以上、家での晩ごはんはおみそ汁とごはんとおつけもの程度。昔ほど食べなくなったのもあって、結構それでも十分満足していますね。

ごはんのお供をいろいろ試していて、「小松こんぶ」とか「まつのはこんぶ」とか、関西の昆布じゃないかな。ちょっと高めだけど、結構おいしくて。あとは、沖縄そばの「やまや」がつくってるキムチ。最近はこのふたつが好きかな。「やまや」でそばは食たべことないけど、キムチはよく買ってます。


― 盛人さんの思う、いちばん気持ちのいい飲み方は?

ずっとしゃべっていたいタイプなんですよ、体力の続くかぎり、できればオールナイトで(笑)。お酒が好きというより、そういう場が好きなんでしょうね。もちろん、お酒があったほうが、しょうもない話でもおもしろくなるので、お酒もいいと思いますけど。

実はそこまで食に執着がないのかもしれない。家族や誰かがいれば、みんなでおいしいものを食べたいっていうのがあるけど、一人だったら口の中に何か入っていればいいのかも(笑)。食べものも大事ですけど、いちばん大事なのは人と一緒にいることなのかな。楽しい食事がしたいですね。


― 盛人さんの朝・昼・夜ごはんをちょっと見せてください!


朝はパン食が多い。


家での昼ごはん。


家での夜ごはん。


― 今回の沖縄催事ではどんなものを持ってこられますか?

毎回てんやわんやなので(笑)、まだ決めてないことも多いけど、関西に初めて持っていくものも準備したいと思ってます。昨年、専門の先生と仲良くなったことから、「おもしろギリシャ神話かるた」というのをつくったので、ギリシャ神話の張子もつくってます。

メデューサ、ケルベロス、ミノタウロス、ペガサス…ギリシャ神話のこと、わりと詳しくなりましたよ。道徳的にまとめるとかじゃなくて、残酷だったり、ひわいだったり、素朴な出来事をそのまま書いたような話、タメにならない話が多くていいですよ。




豊永盛人
とよながもりと●1976年生まれ。沖縄出身、沖縄在住。沖縄県立芸術大学を卒業後、張り子の郷土玩具を作り始める。2002年 郷土玩具店「玩具ロードワークス」を開く。郷土玩具を中心とした個展を開催したり物産展などに参加している。
 → http://toy-roadworks.com/



■めんそーれ沖縄 味と技展
◎5月15日(水)→21日(火)
◎8階催場
<最終日は午後4時まで>

Eat & Stand 阪神立ち飲みスタイルの最新情報はこちら

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

2019.5.1 更新
mixiチェック