タップで乾杯!
オレゴンワインの「COOPERS HALL」|ポートランドフェア2017

2017.4.5 更新
mixiチェック
ポートランドのあるオレゴンといえば、ワインに注目している方も多いのでは。
そう、オレゴンワインです。



「Coopers Hall(クーパーズ ホール)」は、いかにもポートランドらしいマインドを持ったワイナリー。 まず特徴的なのは、すべてをボトル詰めするのではなく、量り売りのテイクアウト販売を行っていること。持ち帰り用のボトルを6$で販売して(もちろん再利用可)、ムダな瓶ゴミを出さないようにしています。


節約されたボトルの累計数はお店の壁面に表示。お客さんと達成感を共有しています。

また、店内ではすべてタップからワインを提供していて、その数、なんと40以上。ブルワリーではタップを使ったサービスも増えてきましたが、ワイナリーでのこの形は、僕も今回、初めて見ました。

ワインそのものは、ポートランドならではの立地を活かして、近郊のぶどう畑を使ってワインを醸造、フレッシュな状態でワインを楽しんでもらうというスタイル。中でも注目はオレゴン名物のピノ・ノワールです。


ホールで働いているGunderson(ガンダーソン)さん、ぶどう畑で働いているAdam(アダム)さんともしっかり握手。

今回の「ポートランドフェア」では、ピノ・ノワール、サンジョベーゼ、シャルドネの3種を販売。タップでも提供されるので、会場でも楽しんでください!




(Noren Portland/Tsubo)
・・・・・・・・・・・・



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

2017.4.5 更新
mixiチェック