プロフェッショナルに愛される
堅牢な「Danner」のブーツ|ポートランドフェア2017

2017.3.22 更新
mixiチェック


ポートランドから車で1時間も走れば、大自然が広がるオレゴン州。たとえば、市内から車で30分のマルトノマ フォールは、アメリカでも5番目に大きな峡谷で、年間200万人の観光客がやって来ます。ハイキングを楽しむ地元民も多くて、季節ごとに何度も訪ねているというアメリカ人の知人もいます。

ポートランドから車で1時間も走れば、大自然が広がるオレゴン州。昔から林業が盛んなエリアで、そんな林業に携わる人たちが愛用してきたのが「Danner(ダナー)」のブーツです。



創立は1932年。早くも1936年にはポートランドへ拠点を移して、その後、アメリカで初めての登山靴、世界初のゴアテックスブーツを開発。

アメリカ海兵隊の靴としても採用されており、狩猟、警備関係者など、プロユースのブーツとして、その品質は折り紙つきです。頑健なそのブーツづくりの現場をのぞいてきました。



1932年のスタートから、厳選された素材を使って手作業でつくり続けられてきたブーツは、職種にあわせてデザインにも違いがあるのだそう。


映画『007 スペクター』のダニエル・クレイグも「ダナー」愛用者で、劇中でも本人が希望して使っていたとか。

軽量で快適、イカした見た目に長年使い続けるファンも多い「ダナー」のブーツ。「ポートランドフェア」で実際に手にとってみてください。


・・・・・・・・・・・・



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

2017.3.22 更新
mixiチェック