日本でスミスティ旋風、ふたたび!
「Steven Smith Teamaker」|ポートランドフェア2017

2017.1.18 更新
mixiチェック
世界中のスターバックスで販売されていた「タゾティー」。その創立者であるスティーブン・スミスさんが、TAZOをスタバに売却した後、彼のお茶人生の集大成として立ち上げたティーブランドが「Steven Smith Teamaker(スティーブン スミスティー メーカー)」です。



ポートランドの街を訪れると、どの店に入ってもこの「スミスティ―」を見かけます(「ジェイコブセンソルト」と「ポクポク」のドリンキングビネガーで、ポートランドの食卓“3種の神器”!?)。2016年、阪神での「ポートランドフェア」でも日本初出店を果たして、大人気となりました。

ポートランドでは、スミスティーのトム社長も交えた秘密会議を開催。2回目の出品となる今回、どんなスペシャルな展開を行うのか…。

たとえば、阪神限定フレーバーのお茶がイートインで販売されることはすでに決定!現在、開発中という新フレーバー、果たしてどんなテイストになるのか。



さらに「ポートランドフェア」当日は、スミスティーのメンバーが来阪予定。スミスティに生で迫るトークショウも開催されるかも!?

それでは、代表のトムさんからのメッセージをどうぞ。阪神のハッピ姿も注目です。

「ポートランドはお茶の街としても有名です。ここポートランドで生まれたスミスティの創業者、スティーブン・スミス氏は、数々の有名お茶ブランドを手がけた後、彼の40年のお茶人生の集大成としてこのブランドを立ち上げました。第2回のポートランドフェアもとても楽しみにしております。前回以上に大きなブースでみなさんをお待ちしております!」







(Noren Portland/Tsubo)



トークショーを終えてのメッセージ
・・・・・・・・・・・・



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

2017.1.18 更新
mixiチェック