クラフトビール界の新提案、
グルテンフリーの「Ground Breaker」

2016.12.28 更新
mixiチェック


きっかけは奥さんにもビールを楽しんで欲しいという思いからだったそう。今回、紹介する「Ground Breaker(グラウンド ブレイカー)」のビールは、そのすべてがそのグルテンフリー。



オーナーのジェイムスさんは、もともとホームブルワリーのコンテストでも優勝するほどの自家醸造愛好家でしたが、奥さんがグルテンアレルギー…。

小麦やライ麦に含まれるタンパク質「グルテン」は、麦芽飲料であるビールにも含まれており、それでも「奥さんといっしょにビールを飲みたい!」と試験的につくったことが始まりだったそう。
 


グラウンド ブレイカーでは、小麦の代わりにナッツなどを使うことで、グルテンフリーを実現。「妻のためにつくりはじめたんだけど、周りの人にも振る舞っていたらとても評判がよくて、これが本業になったんだ」とジェイムズさん、



日本でクラフトビール関係者に聞いてみると、グルテンフリーのクラフトビールを探しているという問い合わせが確かにあるそうで、長年待ち望んでいた方も多いのでは?

今回の「ポートランドフェア」でぜひお試しください。



「日本のみなさん、こんにちは。私たちが大切に作っているグルテンフリービール。みなさんにも喜んでもらえるとうれしいです」

・・・・・・・・・・・・



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

2016.12.28 更新
mixiチェック