阪神梅田本店の現在の営業売場および営業時間のお知らせは 阪神梅田本店ホームページTOPページ にてご確認くださいませ。

8階 書画・骨董品売場 古忨堂 
こっとうスタイル「うつわめぐり」のご紹介

2021.8.11 更新
mixiチェック
ブログをご覧の皆様、こんにちは。
8階 書画・骨董品売場の古忨堂(こがんどう)です。



ただいま
「うつわめぐり」というテーマで
こっとうアイテムをご紹介。

暑い夏に涼を感じる器から
食材豊富な秋の食卓を彩る器へと
めぐる季節を器でお楽しみください。

                                        

《  ピックアップ 商品  》                                                                 


染付芙蓉手小皿 江戸後期頃
3,500円

日本の古染付の芙蓉手(中国明代末頃から清初頃に景徳鎮で作られた焼き物の意匠)といわれる器を
小さくデザインした可愛らしい小皿です。



朱塗木皿 幕末頃
2,000円

幕末頃に作られた刳り物の木皿です。
とてもよく乾かせた木材を挽いて丁寧に刳り貫いて作られているため
変形することなく残っています。



唐木刳盆
3,000円

とても固い木材を回転させて削って労力をかけて作られています。
明治頃から大正頃のもので時代の味わいも感じ取れます。






銀巻 どんぐり模様
リキュールグラス
1900年代中期
18,000円

ヨーロッパとアメリカで作られたシルバーオーバーレイの流れをくむガラス作品。アール・ヌーヴォー様式です。
析出した極薄の銀板を器胎に貼り込む技術。ヨーロッパでごく一時期につくられた、貴重な作品です。






田村耕一 〈人間国宝〉
柘榴文 ゆのみ
98,000円  共箱付

たむら こういち 
1918年(大正7年)6月21日 - 1987年(昭和62年)1月3日)

大阪で楽焼を学び、後に京都では富本憲吉に師事しました。
昭和61年(1986年)重要無形文化財「鉄絵」の保持者に認定されました。

「鉄絵」とはやきものの素地に,鉄を含有する顔料〈鉄絵具〉で,釉下に絵文様を描く技法です。
秋を感じられる器の作品。
ザクロの辰砂の赤と地掛けの白釉とのバランスが美しく、大きさ重さ手触りがとても良い逸品です。









書画 骨董カワイイモノ売場 ( コガンドウ )  では
これからも日々の暮らしに取り入れやすい“こっとうスタイル”を提案していきます。






営業についてのご案内
新型コロナウイルス感染症の影響を受けられたみなさまに、お見舞い申し上げますとともに、一日も早い終息と、みなさまに平穏な日々が戻りますよう、心よりお祈り申し上げます。

★阪神梅田本店の営業状況についてはこちら
http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/map/index.html/
★新型コロナウイルス感染拡大防止におけるお客さまへのお願いと当店の取り組みについて
http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/pdf/200521news/200521news2.pdf


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2021.8.11 更新
mixiチェック

RSS