8階 書画・骨董品売場 古忨堂 季節物の掛軸 菅 楯彦作 「豊穣祭」(住吉大社 宝之市神事)のご紹介

2020.10.11 更新
mixiチェック
皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日は、季節の掛軸 菅 楯彦作「豊穣祭」(住吉大社 宝之市神事)
をご紹介します。

菅 楯彦作 「豊穣祭」(住吉大社 宝之市神事)

¥198,000

表装 縦 171 ×横 54 cm
本紙 縦 101 ×横 40 cm
絹本

菅 楯彦
すが たてひこ
(1878年-1963年)
明治11年、鳥取県鳥取市出身。
大阪美術会会員。大阪市名誉市民。

『宝之市』は、住吉大社の御神田で育てた稲穂を刈り取り、五穀と共に神様にお供えする神事。
“最も大阪らしい画家”と呼ばれた楯彦が、今も続く秋の浪速の風物詩を描いています。

                                                                         

実りの秋に、秋の風情と作物への感謝の気持ちを感じられる作品です。


この他にも様々な作品を特別価格にて展示しております。

営業についてのご案内
新型コロナウイルス感染症の影響を受けられたみなさまに、お見舞い申し上げますとともに、一日も早い終息と、みなさまに平穏な日々が戻りますよう、心よりお祈り申し上げます。

★阪神梅田本店の営業状況についてはこちら
http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/map/index.html/
★新型コロナウイルス感染拡大防止におけるお客さまへのお願いと当店の取り組みについて
http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/pdf/200521news/200521news2.pdf

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2020.10.11 更新
mixiチェック

RSS