9階 書画・骨董品売場 古忨堂 季節物の掛軸 菅真人作「酔ひ雛 添古句」のご紹介

2020.2.20 更新
mixiチェック
皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日は、これからの季節の掛軸 菅真人作「酔ひ雛 添古句」
をご紹介します。

菅真人作「酔ひ雛 添古句」
¥180,000
表装 縦 127 ×横 47.5 cm
本紙 縦 33 ×横 33 cm
絹本

一風変わったお雛様の図柄です。
整然とおすまし顔のお雛様も、人間が寝静まった頃には
仲睦まじく白酒に酔っているのかもしれませんね…

「寝ずに居て見らるるものか雛の夢 白流」


菅真人(すが まひと)1896-1983

明治29年倉吉市生田生まれ。
菅楯彦の甥です。

楯彦の助手をつとめて画風を継承し、歴史風俗画を多く描きました。
楯彦没後には顕彰活動の中心となりました。



この他にも様々な作品を展示販売しております。
特別価格の作品も多数ございます。

どうぞ9階 書画・骨董品売場 古忨堂へお越し下さいませ。


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2020.2.20 更新
mixiチェック

RSS