9階【書画 骨董 カワイイモノ】売場のご紹介

2019.3.17 更新
mixiチェック
ブログの皆様こんにちは
ただいま店頭では
「花もだんごも♡」
というテーマで、スタイリスト東ゆうなさんが、エントランスをコーディネートしています。

今も昔も、きれいなお花とおだんごは
皆だいすきです。

昔の人は衣替えの様に、器も季節ごとに変えていました。
普段の暮らしの中にそこまでの余裕はなかなかありませんが、
花が咲き心踊る季節には、
その気分を盛り上げる器を1枚だけでも手に入れて四季を楽しみたいものです。


かわいいモチーフの花瓶は
お花を生けても、飾っておくだけでも
春らしさがあります。

画像にある蓋付きの壺は、昭和初期に作られました。
 釉下彩という珍しい作品で、
釉薬の下に直接顔料で文様を描き、
その上から透明の釉薬をかけ焼き上げた磁器です。
この技法の特徴は、色彩の発色が美しい上に、半永久的に消えません。
いつまでも 変わらず、可愛らしさを楽しめます。


橙の色布で仕立てた色紙掛の「桃」 の書から、花を想像するのも素敵ですね。



東ゆうなさんピックアップアイテム

 印判皿    
540円
現代にも通じるゆるさ加減の、春景色と人物の絵がなんともかわいい小皿です。

時代もの 七宝文小皿 
1,080円
宝尽くし文様の七宝を大きく取りあげて意匠化した雅な小皿です。

色絵皿 
1,620円
可愛い色彩とはうらはらに、川蝉の動勢の描写が素晴らしい、オールドニッポン(=明治輸出陶磁器)の流れを汲む小作品です。

☆  書画 骨董 カワイイモノ売場 ( コガンドウ )  店内企画は現在雑誌や広告などで活躍する
スタイリスト 東ゆうなさん とのコラボで展開しています

東ゆうなさんと共にご紹介する〝カワイイ暮らし ”
どうぞ、ご期待ください!

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2019.3.17 更新
mixiチェック

RSS