9階 書画・骨董品売場 古忨堂 通年掛けの掛軸 のご案内

2018.4.28 更新
mixiチェック
こんにちは、9階 書画・骨董品売場の古忨堂(こがんどう)です。
本日は、季節を問わずにお使いいただける掛軸をご紹介します。

窪田正廣作「竹に雀」
絵寸法 縦108× 横41m
掛軸の寸法 縦190× 横54cm 
140.400円

しっかりと土に根を張る「竹の強い生命力」と「雀の群れ」を合わせて、
子孫繁栄・一族繁栄の象徴とされる、縁起が良いとされる図柄です。
また、雀は厄をついばむとされ、家内安全の象徴です。
厄除開運の縁起物の掛軸として、ぜひお使いください。

小林康作
「木喰仏」
絵寸法 縦108× 横42cm 
掛軸の寸法 縦190× 横55cm 
108.000円

「木喰仏」とは、江戸時代の遊行僧である、木喰明満上人(通称、木喰上人)が彫り遺した仏像のことです。
木喰上人は、45才の時に木喰戒を受け、56才で日本廻国の大願を起こし、日本全国を巡ります。
62才で初の造像、83才の時に日本廻国を達成。その後、85才で再び廻国を開始します。
90才の時に猪名川町を訪れ,3ヶ月余りで33躰を彫像して千躰仏の大願を果たし、二千躰彫佛を発願しました。
木喰は、人の心が穏やかになるような仏を彫ろうと決意しました。
見ているだけで心が和んでくる優しい微笑みが、木喰仏最大の魅力です。
猪名川に遺された木喰仏は、木喰上人最晩年の円熟した作品であり、微笑みを浮かべていることから、”微笑仏”とも呼ばれています。

そんな福々しい「木喰仏」を描いたこの作品は、 縁起が良いものとして通年掛けとして、ぜひお使いください。

この他にも様々な作品を特別価格にて展示販売しております。
どうぞ9階 書画・骨董品売場 古忨堂へお越し下さいませ。          

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2018.4.28 更新
mixiチェック

RSS