9階 書画・骨董品売場 古忨堂 季節もの掛軸 のご案内

2018.1.18 更新
mixiチェック
こんにちは、9階 書画・骨董品売場の古忨堂(こがんどう)です。
本日は、五井金水作「 立ひな 」 内田稲葉作 「追儺(ついな) 鬼やらい 」
の掛軸をご紹介します。

五井金水作
「立ひな」
絵寸法 縦118× 横42cm
掛軸の寸法 縦206× 横57cm 
324.000円

五井金水
明治12年(1879)  大阪府出身。
日本画家。名は松次郎。久保田桃水・中川蘆月に師事し、四条派画家として活躍しました。
師の桃水と須磨対水らと共に『大阪の五水』と呼ばれ 関西の茶道文化に大きく貢献しました。

描かれてから100年近く経っても、なお色あせることのない顔料や本金の表具材料が使用されている豪華な逸品です。

内田稲葉作
「追儺 鬼やらい」
絵寸法 縦39× 横46cm
掛軸の寸法 縦136× 横60cm 
162.000円

内田稲葉(うちだ とうよう、1901年(明治34)~1983年(昭和58))
 岡山県出身。
大阪に出て菅楯彦に師事します。
大阪を代表する画人 菅楯彦の 最後の内弟子です。
 院展を中心に活躍し
 関西展・大阪市展などにも出品・入選。
83歳にて没。

追儺は、もともと宮中の厄払いの年中行事であったものが、現代の節分のもとになったと言われています。
この作品は、払われる鬼をユーモラスに描いています。

節分、桃の節句の季節の、床の間やお部屋飾りにどうぞお使いください。
この他にも様々な作品を特別価格にて展示販売しております。
どうぞ9階 書画・骨董品売場 古忨堂へお越し下さいませ。

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2018.1.18 更新
mixiチェック

RSS