ガラス工房 清天
~NOBUの沖縄日記☆№4~

2017.6.10 更新
mixiチェック
テーブルエッセンスのNOBUです
皆さま、こんにちは。
NOBUの沖縄日記第4弾
次にご紹介するのは、「ガラス工房 清天」さんです。




沖縄読谷村で、廃ビンを利用した再生ガラスで、様々なカタチの琉球ガラスを作り出す「ガラス工房 清天」。
「ガラス工房 清天」さんは、真剣な作業の合間に、冗談と笑い声が飛び交う…とても男らしい、活気のある工房です

工房にて
手づくりガラス体験ができますよ~
早くしないと固まっちゃうよ~あせります
独特な雰囲気に圧倒されっぱなしです


工房横の店内にて
かわいい~ピッチャー大行進です。
こちらは当店にも今回入荷してまいりました
ミニピッチャー 4,104円

カラフルな色目が目を引きます
色んな色を並べてもステキですね!
左から、皿/中 各4,536円、皿/小 各3,348円
下、キッチンクロス(クラスカ) 1,728円

昨年に引き続き当店でも大人気
ねじりが生み出す独創的なデザインや色は、他の琉球ガラスには見られない、優美でスタイリッシュなデザインです
このねじりは代表の松田さんにしか出せないものとかすごいです
Sモールグラス 各色2,592円

その松田さんがこちら。(左端)
写真とりましょう~というと、メガネを外した松田さんお茶目です
そして、お隣が今回のNOBUの沖縄日記で度々登場(笑)のKバイヤー。
右端に、今回大変お世話になりましたSさん。
みなさんステキな笑顔ですね

「ガラス工房 清天」さんは、代表の松田清春さんを中心に、日常の暮らしで使ってもらえる器を日々作り続けています。琉球ガラスのパイオニアとの声も高い工房です
厚みのあるガラスはぽってりと手に馴染み、とっても使いやすいですよ
ぜひ一度使ってみて下さいね。
そして機会があれば、ぜひ工房に足を運んでいただきたいです。
あの空気感…一度体験したらやみつきです



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2017.6.10 更新
mixiチェック

RSS