☆シグナフェア☆
 ”新しい季節を迎える WAKU・WAKU 小物”

2013.5.27 更新
mixiチェック
こんにちは☆ テーブルエッセンスです。

今年のシグナの夏は3ヶ月のロングラン!
3部作に分けて、皆様にWAKU・WAKUをお届けしてます♪

第一弾は。。。”新しい季節を迎える WAKU・WAKU 小物”



画像1
woodstock ウインドチャイム
音楽家で楽器デザイナーであるGarry Kvistad氏が1979年から作り続けてきたウインドチャイムは、神秘的なグレゴリアン、華やかなウエディングチャイム、KyotoやAmazing Graceにいたるまで、どのチャイムも不協和音を出すことなく、澄んだ音で人の心を惹きつけます。
今年はスワロフスキーや天然石を使用したシリーズも登場。
夏の爽やかな風とともに、WAKU・WAKUの音を楽しんでみてはいかがでしょうか。


画像2
Natalini フォトフレーム
イタリアで制作される象眼細工のフォトフレームは新作が登場。
イタリアならではのカラーリングに職人の丁寧な仕事が、大切な人たちとの思い出により一層深みを与えてくれます。
お気に入りのNataliniに出会ったら、中に飾る写真や、ポストカードを迷う時間もWAKU・WAKU!

画像3
Kuehn 錫のオーナメント
ドイツの伝統工芸である錫の飾りは世界にコレクターがいるほど、彩色や細工が美しいのが特徴です。
kuehnは同じデザインでも1つずつ手作業で色付けされているので、表情もさまざま!
お部屋に飾るだけでなく、キーホルダーやペンダントにもぴったり。
WAKU・WAKUするKuehnに出会って見ませんか?

画像4
Kafka ジャガード織り リボン
ドイツのカフカ工房で織られるリボンはデザイナーFrauke Kafkaの手によって、200年前に考案された製法で動く織り機を復刻し、近代的な機械では太刀打ちできない美しい仕上がりになってます。
手芸を楽しむ方だけでなく、箱やシンプルなTシャツにワンポイントで使っていただいてもかわいい!
自分だけのオリジナル、世界に1つだけのWAKU・WAKUが好きな方にぴったり。 



画像5
スタッフ一同 ”WAKUWAKU”でお待ちしております。


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2013.5.27 更新
mixiチェック

RSS