インターネット購入品や海外購入品の時計に不具合があった場合

2020.9.6 更新
mixiチェック
こんにちは。
阪神梅田本店7階 時計修理工房 北地です。

今回のテーマは、近頃お問い合わせの増えた”海外で購入”、”インターネットで購入”された時計の不具合についてです。
そういった時計に不具合があった時どこに持ち込めばよいのか?と、いうようなお問い合わせが多くなってきています。

まず確認すべきことは、その時計ブランドの輸入代理店(販売代理店)が日本国内にあるかどうかをインターネット等で調べましょう。

そのうえで、お手持ちの時計の保証書を見ましょう。保証期間内であればその代理店で保証が有効なものかを電話等で確認しましょう。

また、並行輸入品(日本国内で購入したが、その時計店が独自に輸入したもの等)などは購入店舗でお問い合わせされるとわかることもあります。

例えば、保証期間を過ぎたものや、保証対象外(自然故障以外の不具合、外装の破損や使用上の不具合、湿気入り等です)の不具合はどこに持ち込めばいいのですか?
というな内容のご質問を頂く事があります。そのような場合、当店から各ブランドに送ります
※別途取次料を頂きます。※メーカーとの取引が無く取り次ぎ不可のブランドもあります。

阪神梅田本店 時計売場で取扱いのないブランドでも時計修理工房で取扱い可能なブランドもあります(一部のブランドは取扱い不可のものあり)

それ以外でも、当店は時計修理の会社です。当社在籍の技術者で修理可能なものも多数あります。
時計の不具合の内容や状態によって一つ一つ丁寧に見積もります。

他店で修理不可と言われた時計でも当店では修理可能というものもありますので、諦めずにまずは、お気軽におたずねください。

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2020.9.6 更新
mixiチェック