限られた材料で作る“バゲット”はシェフの技が光るパンだった!

2019.6.19 更新
mixiチェック
◎6月19日(水)~6月25日(火)  
こんにちは!4階イベント担当のひらぼーです
先週のパンのイベント“クロワッサン”に引き続き、全館でパンイベント
各階おすすめのパンをご紹介しているので、迷いながら売場に来ていただくお客さまも多く、
パン好きのみなさんとお話ができてとっても楽しくワイワイしています

イベント4では今週も1階パンワールドの「パントタビスル」をプロデュースしている
パンコーディネーターエキスパートの榎友寿さんプロデュースで
おすすめのバゲットを3種類と、「パンのお供」をご紹介しております
《小麦粉・水・酵母・塩》
という限られた材料で作るバゲット。

どの産地の材料をどの分量で使うのか、発酵時間や焼き加減など、バゲットの味や食感を変えるのは、シェフのこだわりなのです
榎さんからの各ブランドのコメントをご紹介

■ブーランジェリーメルク
北海道・十勝産の小麦を使用したお米のような甘みのあるバゲットです。
ザクッとしたクラストの食感はフランスパン好きも納得。
ハムやチーズとの相性ピッタリ。

■ブーランジェリーココロ
数種の小麦のブレンドにこだわり、低温長時間発酵で22時間以上かけてつくられる。
小麦本来の旨みを最大限まで引き出したお料理やワインに合うバゲット。
歯切れの良さと旨味の強さがポイント。
ホテル「ザ・リッツカールトン京都」出身のシェフが作るバゲットです。

■R.NOGUCHI
本来、バゲットは外側を美味しく食べるもの。
そんな中でもリクエストの多かったモッチリ
中もしっとり美味しいフランスパンを考案しました。
外パリッ、中モチッの新感覚フランスパンです

とはいえ・・・
「どのバゲットが自分の好みかわからない~~~
というお客さまに楽しんでいただいているのが

3種のバゲット食べ比べです

A・B・Cの3つのバゲットの中から
“国産小麦”を使用して作ったバゲットを当てていただいています


まずは見た目や香り、そして、食感や風味をゆっくりと味わいながら3つのバゲットを食べ比べてみてください!

イベント会場にさまざまなヒントは散りばめられていますが、どのバゲットも美味しくて惑わされているお客さまもたくさん

その中でも「これだ!」と思ったバゲットのアルファベットをスタッフにお答えください

正解したお客さまには、「バゲットのお供」のお試しサイズをプレゼントしています

そして、パンに合わせてカフェも併設
松屋町にあるアカデミーカフェが出店しております

アメリカーノをはじめ、カフェラテ、カフェモカなどのコーヒーはもちろん、ムレスナティーやエスプレッソトニックもご用意

そして、炭酸カフェならではの、その場で炭酸を作るざくろソーダやゆずみつソーダ、うめみつソーダもご用意しております

バゲットの食べ比べイベントに合わせてドリンクセットもご用意
食べ比べセットは756円です

美味しい「パンのお供」は販売もしております
パッションフルーツとバターで作った、リリコイバターか、スペシャルセレクトのオリーブオイル

美味しいバゲットも、一緒に何と食べるかで楽しみの幅がぐーーーんと拡がるんですよね

ぜひ、クイズに正解してお試しサイズを楽しんでくださいね

初日には「パンシェルジュ榎さんとバゲットを楽しむ会」が開催されました

パンの総合事業「オートリーズ」を立ち上げ、パンに関するさまざまなイベントをプロデュースしている榎さん
パンに関する情報をたっぷり教えていただきました

6月22日(土)14時からイベント4にて
「榎さんが伝えるパンをさらに美味しく楽しく食べる講座」を開催いたします
自由参加となりますので、ぜひお集まりくださいませ

バゲットで楽しむ1週間
4階イベントスペース ステージ4にてお待ちしております

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2019.6.19 更新
mixiチェック

テーマ

過去の記事

more

RSS