お饅頭の元祖『塩瀬総本家』限定商品

2020.3.7 更新
mixiチェック
皆さま、こんにちは
阪神梅田本店 地下1階・全国老舗銘菓撰の木下です

日本の伝統和菓子のひとつ 饅頭
皆さまは”日本三大まんじゅう”をご存知でしょうか?
今回、そのうちのひとつで
日本でお饅頭を初めて作った
東京『塩瀬総本家』をご紹介いたします
画像1
1300年代、塩瀬の始祖・林淨因が奈良で饅頭を作って売り出したのが始まりです。
時の将軍:足利義政公より「日本第一番饅頭所」の看板をおくられた歴史があります。

志ほせ(塩瀬)饅頭は、米粉と大和芋だけで作った皮に極上あんを包んだお饅頭です。お饅頭の餡は北海道音更町の小豆を使用しています。昔と変わらない材料と製法で作られており職人の技と伝統が詰まっています
やわらかくもちもちした皮の食感と甘さ控えめの餡は口に含むとやさしい気持ちになれます

画像2
全国老舗銘菓撰では、第二・第四日曜日
『塩瀬総本家』志ほせ饅頭が入荷いたします。

明日3月8日は、季節商品「花薯蕷饅頭」
販売いたします。       
    『塩瀬総本家』 花薯蕷饅頭
        9個入 1296円(税込)


桜をモチーフにした春にぴったりなお饅頭です。白饅頭には華やかな色で作られた桜の形の練り切りが
のっています。
この時期だけの商品でございます
ぜひこの機会に
660余年、守り続けた伝統の味をご賞味くださいませ

皆様のご来店、お待ちしております。





※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2020.3.7 更新
mixiチェック