栗きんとん本家『すや』

2019.11.20 更新
mixiチェック
風の冷たさが感じる季節になりました
皆様、いかがお過ごしでしょうか

全国老舗銘菓撰の木下です

阪神百貨店梅田本店では
10月30日より4週間にわたって
【岐阜・中津川 栗きんとん祭】
を開催しております。

お待たせ致しました
最終週(11月20日から11月26日)は
『すや』が登場します
栗きんとん本家として
全国的に知られる名店です
画像1
◎銘店『すや』の起源
江戸から下ってきた1人の武士が、
中津川宿に住み着き「十八屋」の屋号で
酢の店を開き商いを始めました。
菓子作りに転業したのは七代目重蔵の代からで、
創業以来親しまれてきた酢屋の呼び名を
そのままに「すや菓子舗」の看板を掲げました。

八代目萬助が、木曽の山栗を菓子にすることを考え、茶巾しぼりの栗きんとん始めました。

”茶巾しぼり”には「きんとんは栗のかたちにもどす」という意味があります。

画像2
『すや』の栗きんとんは、
甘さが控えめで素朴な味わいが特徴です
独特の栗の粒の舌ざわりをお楽しみいただけます

栗きんとん以外にも、粒よりの栗の一つ一つを、いとおしむようにして精製した栗納豆や、
つぶらな栗の歯ざわりと素朴な風味をそのまま生かした栗蒸羊羹など、昔からの伝統を大切に守り続けた商品を取り揃えております
皆様のご来店、
お待ち申しあげております





※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2019.11.20 更新
mixiチェック