パール製品のリペア&リフォームについて

2020.9.23 更新
mixiチェック
◎2階 アクセサリー売場 liens(リアン)
みなさま こんにちは!

2階アクセサリー売場 ジュエリーリフォーム&リペアの liens(リアン)です。

先週、パールネックレス&リペアの内容をUPしたところ、たくさんお問い合わせいただきましたので
前回に引き続き、今週もパール加工のお話しです。
もう少しお付き合いくださいね
長さ調整などでネックレスから珠を外すと、当たり前ですが糸等が通っていたところは貫通穴が開いています。
今回は貫通穴が開いている珠をリングやピアス・イヤリングに加工する場合どのような感じか簡単に
ご案内いたします。

〇貫通穴を活かしたデザインのリングフレームの一部

ネックレスから抜いた珠でリングにリフォームも、写真のように貫通穴をうまく塞ぐ(隠す)デザインのものもございます。

フレームのデザインや選ばれる地金の色によってもフォーマルなイメージ、カジュアルなイメージに変身します。

〇オーソドックスな直結型のピアス、イヤリング。


〇貫通穴を塞ぎ、金具用の新たな穴を開ける。

図のように元々の貫通穴を天地にし、樹脂などで穴を埋める処理をします。
そして新しくピアスやイヤリング金具を取り付ける穴を開けます。元の穴が完全になくなるわけではないですが、ほぼわからなくなります。
正面から見ると、まず気づきません。

長さ調整後、抜いた珠で別のアイテム作成をご検討の場合、どの珠を抜くかご指定いただくか ご一緒に選ばせていただきますので、お気軽にお問い合わせください!

リペア・リフォームのご相談、お見積りは無料です。より正確なお見積りをお伝えするために ぜひお品物をお持ちくださいませ。(一部、加工内容によりお見積りにお日にちかかかる場合がございますので、ご了承ください)


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2020.9.23 更新
mixiチェック