阪神梅田本店トップページ

阪神百貨店の
						食に携わるスタッフが産地を訪ねて
						産地とつながるプロジェクト。
						生産者ならではのストーリーもお楽しみに。

こだわりがぎゅっ!

古屋さんの
							シャインマスカットシャインマスカットは
							みずみずしく、種がなく、
							皮ごと食べられる人気のフルーツ。
							
							今回ご紹介するのは、
							ぶどうの名産地として知られる
							山梨県で古屋さんが作った
							甘いシャインマスカット。
							
							こどものように大切に育てた、
							シャキッと弾けるおいしさが
							みなさまのもとへ笑顔を届けます。

古屋さんのシャインマスカット
(1房)4,104円(2房)7,560円

※2021年の販売は終了いたしました。

FARMER

“フルーツ作りは
子育てと同じ。”

「古屋ファームライフ」
古屋 洋さん

「23歳で家業の農園を継ぐことを決意し、ぶどうを作り続けて今年で45年。いいものを作るために、フルーツ作りは子育てと一緒だと考え、土や木にこだわって一つ一つ丁寧に育てています。収穫の時期は、寝ても覚めてもフルーツのことばかり考えています。うちではぶどうのほかに、桃も作っているんです。山梨県は桃の収穫量が長年全国1位なんですよ。いつか桃もみなさんにご紹介できるとうれしいです。まずは自慢のシャインマスカットをお楽しみください。」

古屋さんのぶどうが
								糖度18度以上
								の秘密。

POINT 1

こだわりの、ふかふかの土。

古屋さんのぶどう農園では、チップカスと鶏糞を土に混ぜ込みます。この二つが土の中で発酵して有機たい肥になり、栄養分が豊かでふかふかの土を作ります。

POINT 2

ぶどうが、
元気な木で育つように。

ぶどう作りで一番大変なのは木の剪定。 養分が効率よくいきわたるように頻繁に行います。木にも寿命があり、おいしいぶどうができる木はだいたい8年から15年の木。ぶどうの味が落ちた木は切って次の木を育てます。切った枝や木はチップカスにして、新しい木を育てるための肥料に。

POINT 3

ひと房をひと粒ずつ味見。

機械を使わずできるだけ人の手でやさしく収穫。その際に、ひと房ごとにひと粒ずつ徹底的に味見。自らの舌で確かめたぶどうはすべて糖度18度以上の甘くみずみずしいおいしさです。

POINT 4

袋の色で
ぶどうの色をコントロール。

虫や雨からぶどうを守るために行う袋掛け。実はその時かける袋の色によって、ぶどうの皮の色が変わります。古屋さんは皮がみずみずしい青みのあるみどり色になるよう、みどりの袋をかけています。見た目と味、両方がよくないと出荷できないため、袋の色もとても重要なんです。

古屋さんのシャインマスカット
(1房)4,104円(2房)7,560円

※2021年の販売は終了いたしました。

古屋さんの農園を
						訪ねて

NAVIGATOR PROFILE

古屋さんのお話しする表情が
								とても愛にあふれていました。
ナビゲーター 河合
撮影時に限り、マスクを外しております。

ARCHIVE

青木さんのいちごジュース

※表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。