あのヒトと立飲み立食いの話 3
奈良醸造・谷垣幸太さん
<阪神のクラフトビールと餃子マーケット>

2019.7.2 更新
mixiチェック

 日本で過去最高といえるほど、クラフトビール醸造所の新規オープンが相次いだ2018年。奈良市に誕生した奈良醸造は、個性的なクラフトビールを次々と発表して、早くも注目を集めるブルワリーとなりました。発表するビールごとにデザインされているグラフィックもおしゃれ。そんな奈良醸造の販売担当、谷垣さんに聞きました、立飲み立食い論です。


― 谷垣さんにとって、いま旬の食トピックは?

お客様から「このビールには、どんな食事が合いますか?」などと聞かれることが多くなり、ビールと料理のフードペアリング(マリアージュ)についてよく考えます。例えば、スイーツに合うビールなんかもありますので、なかなか奥深いです。まだまだ勉強中です。

― 谷垣さんの思う、いちばん気持ちのいい飲み方は?

手前味噌で恐縮ですが、奈良醸造の醸造所併設タップルームで発酵タンクを眺めながら、できたてのフレッシュなビールを飲むのは最高です! 天気の良い日は屋外でビールを飲むのも気持ちいいですね。奈良は盆地なので、空がとても広いです。夕暮れに日が沈むのを眺めながらのビールも素敵ですね。また次の日から頑張ろうという気持ちになれます。

― 谷垣家の朝・昼・夜ごはんをちょっと見せてください!


朝食:通勤途中で購入したパンと自分で淹れたコーヒー。朝は軽めが多いです。コーヒー豆は近所のコーヒースタンド「K COFFEE」さんで買うことが多いです。


昼食:作り置きおかずです。ゴーヤチャンプルーとトマト。炭水化物ガッツリは昼だけかも。


夕食:サラダを食べることが多いです。ゆでたまごやミックスナッツやチーズを添えて。ミックスナッツは自宅でも職場でも常備して、小腹が空いたときにつまんでいます。

― 今回のクラフトビール催事ではどんなものを出品されますか?

奈良醸造は「多種多様なビール」を作ってお客様に届けることを目標としています。 今回は、「奈良ならでは」のビールとして、奈良県産の柑橘類である、ヤマトタチバナを使った「シトラスタチバナ」をお持ちしました。爽やかな小麦ビールとなっています。また、ボトルビール「ケートリペル」はアルコール度数9.5%のベルギービールに、奈良のコーヒースタンドで焙煎したコーヒー豆を使った、個性的なビールです。お土産に是非!




谷垣幸太●奈良醸造株式会社・販売担当。2018年7月より現職、営業やイベントで全国飛び回ってますので、見かけたらお声掛けください!→https://narabrewing.com/


阪神のクラフトビールと餃子マーケット
◎2019年7月17日(水)→23日(火)
◎8階催場<最終日は午後4時まで>
※催事では、奈良醸造に加えて近江八幡のTWO RABBITSなどの注目ブルワリーや、33都道府県から約40ブルワリーのクラフトビールを集めたブースなどが登場!


<立ち飲みブログはこちら>
関西焼き餃子、アレンジ系進化の途中。by曽束政昭


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

2019.7.2 更新
mixiチェック