9階 書画・骨董品売場 古忨堂 毎月4のつく日は「骨董の日」

2016.11.22 更新
mixiチェック
こんにちは9階 書画・骨董品売場の古忨堂(こがんどう)です。

創業40周年を記念しまして毎月4、14、24日を「骨董の日」とし、厳選した作品を特別価格にて展開しております。

それでは、11月24日(木)の「骨董の日」のご紹介です。

お正月におすすめの作品です。

二代宇野宗饔(うのそうよう)「玉椿香合」20,000円

二代宇野宗饔…昭和24年生まれ。かつて親子でその名を馳せた宇野仁松とその長男宗饔の孫。同志社大学卒。祖父宗饔に陶芸を学び二代宗饔を襲名した女流作家です。

椿は古来長寿の木とされていて、末永くめでたいという意味があり、玉とは古来から中国でもっとも珍重された翡翠(ひすい)のことで格が高いことから、『美しい』という言葉の最上の形容として用いられます。

こちらの作品はその名の通り美しい椿が表現されており、なおかつ丸みを帯びた可愛らしさもあり思わず微笑んでしまいます。

池之浦大起「かるた盆一対」24,000円

池之浦大起…昭和19年生まれ。大阪の箕面市で活動しており、現代的なデザインで独自の作風を生み出す人気の漆芸作家です。

作品には、それぞれ人との別れを惜しむ歌と大事な人との再会を強く望む歌が描かれています。お正月に大切な親族・友人が集まった時にお使いになるのも情緒があっていいかもしれません。

この他にも様々な作品を特別価格にて展示しております。

ぜひ、この機会に9階 書画・骨董品売場 古忨堂へお越し下さいませ。

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2016.11.22 更新
mixiチェック