9階 書画・骨董品売場 古忨堂 毎月4のつく日は「骨董の日」

2016.7.11 更新
mixiチェック
こんにちは9階 書画・骨董品売場の古忨堂(こがんどう)です。

創業40周年を記念しまして毎月4、14、24日を「骨董の日」とし、厳選した作品を特別価格にて展開しております。

それでは、14日(木)の「骨董の日」のご紹介です。
今回は工芸品などに描かれる図柄に注目してみましょう。

色絵 鯰図 大皿 15,000円

鯰は地震を探知する力があることが古くから認められ、地震などの天災の被害を防ぐものとして江戸時代に広く広まりました。
また、夜に活動することから、「夜目」が「嫁」に通じ、良縁をもたらす縁起魚ともとらえられました。

池の中の様子が鯰とともに描かれ、涼しげで今の季節にぴったりな作品です。

佐藤浄清「老松紋 甑口釜」20,000円

千年の齢を保つとして吉祥樹としてされてきたことから松の図柄はめでたいときに使うだけでなく季節を選ばず一年中用いられます。
老松はその雄大さと枝ぶりの美しさが好まれ様々な作品に登場します。

まるで後ろにある大海を大きく静かに伸びた枝で抱えるかのような図柄で、今の季節にちょうどいい作品です。

この他にも様々な作品を特別価格にて展示しております。

ぜひ、この機会に9階 書画・骨董品売場 古忨堂へお越し下さいませ。

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2016.7.11 更新
mixiチェック