「指輪のサイズ直しって、どうやってするの?」

2013.1.23 更新
mixiチェック
◎ 9階:ジュエリーリフォーム


はじめまして。ジュエリーリフォームの もりつぐ と申します。
あたらしくブログメンバーに参加することになりました。

よろしくお願いいたします


今回、お話させていただくのは、リングのサイズ直し です。

お客さまとのお話の中で、「指輪のサイズ直しって、どうやってするの?」というお声を、よく耳にします。
リングのサイズ直しで、今回は小さくする方法をご紹介したいと思います。

職人がいる工房へ行ってきました
画像1
まず、リングをサイズ棒に入れてサイズの確認をします。宝石が付いている場合はしっかり留まっているか、宝石がかけていないかなど、丁寧にチェックします。
写真は、サイズ9.5号です。

画像2
サイズ1号の長さは、約1mmです。
小さくするサイズに合わせて、糸のように細い刃で、ゆっくりと正確に地金を切っていきます。

画像3
2サイズ分、切り取りました。
円を出来るだけ、くずさないように少しずつ曲げて、ゆっくりと切り口を合わせていきます。この時、リングにキズが付かないように、あて布をします。

画像4
宝石がついている場合は、濡らした布を宝石部分に巻きつけ熱が伝わらないように保護します。

合わせ目の所にロウ(接合用の材料)を置き、地金に均等に熱を加えてロウ付け(溶接)をします。
高温の火を当てると、小さな板状のロウが瞬時に溶けて、なくなるんですよ~

ちなみに、サイズを大きくする場合は、サイズに合わせて地金を足します。

画像5
ヤスリで余分なロウを削り取り、サイズ棒で希望のサイズになっているか確認し、真円になるように慎重にならしていきます。

その後、みがき棒で磨いて、ヤスリをかけていきます。荒めのヤスリから目の細かいヤスリに順番に変えて磨いていくんですよ
先端がクルクル回るリューターという工具を使い先端を替えながら丁寧に磨いていきます。

仕上げにバフがけをして光沢を出します。
最後に洗浄機できれいにしたら完成です

なかなか見ることが出来ない工房の様子、いかがでしたでしょうか?

サイズが合わなくなったリングを お持ちではありませんか?
サイズが合わないため 使わなくなってしまったとか、きゅうくつなまま ずっとガマンしてはめているとか・・・

サイズ直し価格
小さくする場合・・・3,675から
大きくする場合・・・4,515から(1号ごとにプラス840
(素材や純度、デザインなどにより、価格が異なる場合がございます。)

みなさまの大切なリングを職人が、丁寧にお直しいたします。
是非、ご相談にお持ち下さいませ。


※シルバー製品やジュエリーのデザインによっては、お修理できない場合がございます。また、お預かりして、お見積もりとなる場合がございます。詳しくは販売員にお尋ねください。
※出来上がりまでは、2~3週間ほどでのお渡しとなります。ご了承下さいませ。

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2013.01.23 更新
mixiチェック