☆ジーンズハウスカフェ☆『デニム博』予告第三弾!初出店ブランド「コモンプレイス・アンクール」「衣食住SANTEN協議会デニム課」のご紹介! 

2017.9.8 更新
mixiチェック
◎9月13日(水)~9月19日(火)  催し最終日は午後4時終了
◎8階 催場 第3回デニム博
皆さまこんにちは
暑さが落ち着き、少し過ごしやすくなりましたね。
朝晩は肌寒く感じる日が多く、秋の装いが気になります。
お洋服はチェック柄がトレンドですよ
ジーンズは柄物や色物との相性が良いので、ぜひこの秋取り入れてみてはいかがでしょうか

さて、『第3回デニム博』開催まであと数日...
ドキドキワクワク
初出店7ブランドを含む、計18ブランド
今回はどんなデニムに出会えるのか、待ち遠しい気持ちでいっぱいです
では、前回に引き続き今回も初出店の2ブランドをご紹介します
画像1
岡山◆「コモンプレイス・アンクール」

デザイン、製造、加工の全てを岡山県の井原市で行い、上質な素材、職人の技能、他では見られないデザインやディテールを特徴としています。〔ごく普通の・ありふれた・平凡〕という、コモンプレイス本来の言葉の意味とは裏腹に、デザインは常に独創性にあふれ、古く、そして新しい。最高の心地良さと本物を追及し、洗練された大人たちのために上質でエレガントなトータルウェアを発信するブランドです

画像2
東京◆「衣食住SANTEN協議会デニム課」
ものづくりをする作家さんたちの集まったユニット。今回は「day un day(デイアンデイ)」と「歓藍社(かんらんしゃ)」が出店。

「day un day(デイアンデイ)」
服務工作、日日縫縫。
図画工作のような服を毎日つくる。
晴れ着に、普段着に、余所行きに。
ははは、となってもらいたい服をご提案。

「歓藍社(かんらんしゃ)」
「福島県大玉村で藍を育ててみよう」という呼びかけによって集まった、農業、建築、デザイン、服飾、工芸、生態学など様々な専門性を持ったメンバーからなる団体。休耕地で藍の栽培と染料づくり、藍染を行いながら、震災後の東北におけるものづくりと生活の創出を試みています。今回のデニム博には、藍染めの雑貨をご用意しています。

画像3
さらにデニム博会場にて素敵なイベント開催のお知らせです
岡山県産デニムをビジューでおめかしするブランド「トニービー」では、「美人3分」の著者 山田万希子さんのトークショーが開催されます。表情筋のトレーニングのやり方をレクチャーしてくださいますよ
トニービーと山田万希子さんとのコラボデニムも初お披露目です

日時:9月17日(日) 13時から・15時から (各回20分)
場所:8階催場『第3回デニム博』内 トニービー売場
参加費:無料
定員:各回8名 (お席に限りがございますのでご予約優先とさせていただきます。)
※当日は、『第3回デニム博』内 トニービー売場へ直接お越しくださいませ。

ご予約はこちらから↓

◎13時の回のご予約

◎15時の回のご予約






デニム博予告ブログも次回が最後です
開催前日に初出店のラスト2ブランドをご紹介します
ぜひブログをご覧いただき、会場へお越しくださいませ
第3回デニム博』は9月13日(水)→9月19日(火) 8階催場(最終日は午後4時まで)で開催です
「デニム博」予告第二弾のブログはこちらをクリックしてください。


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。


2017.9.8 更新
mixiチェック

RSS